Kazue's bio.
 
About me
Name: Kazue Akao
Birthday: 1961.1.6
School: Tezukayama Gakuen
Favorite book: Steven King's 
Favorite movie: Burn After Reading
Favorite quote: Do not fear. Trust that little thing resides in your heart.
'Mahatma Gandhi'

赤尾 和重(Akao,Kazue)バイオグラフィー

2021 コロナ禍の60歳 還暦を機に、4月末日でクルベラブリンカの活動を終了。現在は独りで音楽を作っています。

ボーカル・インストラクターとしては、自宅でのオンライン・ボーカルカウンセリング、大阪創都学園(CAT ミュージックカレッジ専門学校)での講義等も行っています。


2020  コロナ禍、3曲入りEP 'ENMA' リリース (Taiyo Label)。リズムトラックは打ち込みで、ステイ・ホーム時期の完全宅録。クルベラブリンカBandcampでダウンロード販売のみ(他社配信、CDプレスなし)。


2019  クルベラブリンカで、新曲お披露目ツアー。 いつもの東京・大阪に加えて、浜松、名古屋のイベントにも参加。
11
9 'Gotwee 3 with Kazue Akao'でのMarshall GALA2参加 (g.島紀史/b.小笠原義弘/ds.山口PON)

1120 TERRA ROSA 30TH ANNIVERSARY PREMIUM BOXをリリース (KingRecords)


2018  クルベラブリンカ5枚目のアルバム'The Deepest Place'を6月20日にリリース (Taiyo Label)。リズム、バッキング・トラックは大阪のライブハウス『ORTO LOUNGE』にて、赤尾の念願だったクリック無しのフリーテンポでライブ録音。演者のハート・ビートが伝わる演奏を収めた。


2017  クルベラブリンカ東京/大阪ワンマン・ライブ『新曲お披露目会』を定期的に行う。

726日、前年の東名阪ライブを収録した 'Terra Rosa Live From CODA' 2枚組CDリリース (KingRecords)


2016  6月29日、クルベラブリンカ thアルバム 'CONICALIFY' をリリース (Taiyo Label)。5月に先行レコ発ワンマン・ライブを東京・大阪で開催

11月にTerraRosaでの東名阪ライブ(g.足立YOU/kb.JILL岡垣/b.MASAKI/ds.佐藤潤一)を開催。


2015  大掛かりな音響システムのない、40席ほどのお店でゆっくり、じっくり楽しめるワンマン・ライブ(クルベラブリンカ・メタル・ディナーショー)を中心に活動を展開。


2014 521 高解像度32bit/96kHzで録音した 3rdアルバム 'BLANKO' をリリース (Taiyo Label)

同年、1224 クルベラブリンカ結成3周年を記念して、2曲で完結する究極のコンセプトアルバム『冬のクルベラ 天使と悪魔』を配信のみでリリース (Taiyo Label)。このEP録音から鍵盤抜きで4人での活動を開始。ギター・リフを際立たせたソリッドなサウンドを目指す。


2013  2月20 クルベラブリンカ ndアルバム 'KAIZU' リリース (Taiyo Label)


2012  2月25日目黒鹿鳴館でのイベント参加を皮切りに、クルベラブリンカ ライブ活動開始。5月6日 の大阪JANUSでのライブは、'The 2nd live on May 6'(Taiyo Label CD-R) というアルバム名でリリースされ評判を呼ぶ。


2011   自身のハードロック・プロジェクト Kruberablinka (クルベラブリンカ)』 でバンド形態での活動を再開。テラローザのアルバム'Honesty'でギターを弾いた鈴木広美と組んで、1123日に1stアルバム 'KRUBERABLINKA' リリース(Taiyo Label)。以降、解散までこのコンビは不変。


2008  1月5日、2006年12月に他界したテラローザのベーシスト 山口宏二の追悼ライブを行う。当日、山口の好きだったテラローザ・ナンバー5曲を新録したCD 'Terra Rosa of Angry Waves Tribute to Koji Yamaguchi' を配布。


1999  テラローザ初期のデモ・テープをリマスターしてCD化した 'Terra Rosa Rare Tracks'をインディーでリリース。


1993  セッション・バンド 'PKS'の延長上に、正式なハードロックバンド「M’mah(マ・マー)」を結成(g.今井芳継/b.KUZU/ds.正田 )。1年間のライブ活動の後、1994年解散。その後はソロ活動として企画ライブへの出演やギタリストのソロアルバムへのゲスト参加等。


1992  テラローザは解散。 4月にライブとベストアルバムをリリース。 

同年9月、カンボジア復興支援キャンペーン『ボイスエイド』参加のため『PKS (Peace Keeping Session)』を結成。メンバーは赤尾和重 (vo)、今井芳継(g)、加瀬竜哉(b)、板倉淳(ds)、出原 (ds)。オリジナル音源3曲制作とライブ1本でカンボジアに贈るラジオ収集に貢献。


1989  テラローザでキングレコードよりデビュー。年1枚ペースのアルバム制作と全国ツアーを行う。


1987  テラローザ、アルバム‘The Endless Basis’をインディーでリリース。オリコン・ヒットチャートにランキングされる。


1986  音楽誌 『ロッキンf』のバンド・コンテストにエントリーしたテラローザのデモテープがグランプリ、最優秀歌唱賞等、多くの賞を受賞。


1982 音楽誌のメンバー募集欄で見つけた『レインボー好きのボーカル募集』という内容の記事に応募。キーボーディストのJILL岡垣と出会い、ハード  ロックバンド「テラローザ」結成。シンガー、ライターとして活動を始める。


1981  奈良県の私立帝塚山短期大学文芸学科で陶芸コースに学び卒業。


1961 1月6日(金) 大阪市天王寺区細工谷のバルナバ病院で生まれる。父は、当時の大阪マンドリン合奏団バンマス 赤尾静造。

 

kazue akao official website Ⓒ Kazue Akao 2021

DiscographyDiscography.html