Blanko Lyrics

Kazue Akao

ブランコ Blanko

         

         今でも高難度に恐怖は倒しきれないまま

         それでも今夜は命綱のないこの空中で舞おう


         決して目を伏せるな

       これが最後のショーになるから

   闇をつくるな

   照明が果てないこの道を見せるように、もっと…

   儚んじゃいないさ 今更

  

       恋しい人や音に酔いしれていたいな

   希望を叶えてくれるならひとつだけ

       抱きしめてくれ

  

         決して声をあげるな

   もう二度と言わないから

   互いにこんなシーンを演じるなんて

   ありえない今日限り    

   さあ幕が上がる からくりはないさ


     ガラス仕立ての空中へ

   もう何も聴こえないけど

   揺らせよブランコを

   信じてるわけじゃないその手を

   つかんではいけないかも知れない

   ブランコ

   ブランコ

   戻れない    


     ガラスの暗い暗い宇宙へ

   もう何も聴こえないけど

   揺らせよブランコを

   信じてるわけじゃないその手を

   つかんではいけないかも知れない

   ブランコ

   ブランコ 

   戻れない空  

   ブランコ 

   ブランコ

   ブランコ・・・ 


 



  8    Hachi

       

         静寂を揺り籠にして

         あなたは混乱を遠ざける

         蜘蛛の糸の伸びる先は

         もう戻れない魔界へ続く経路


         正直になれることはない

         ここで温かく揺れてろ

         突き当たれば扉の節が

         その向こうの夢の場所を奏で出す


       八つの頭を持った時の申し子

         この世界中遍く

         今智慧を重ね叫びだす

         端末に繋がれた人類は

         夢が機能を超えてる

         明日を 永遠を  

        

        

   緩やかな景色になる

         雷鳴が轟いている

         鮮やかに時を運べ

         すべて意のままだから

         顕われろ


         静寂の揺り籠はまだ

         今まで通りに揺れるけど

         大いなるCPUの泉は

         包み隠しても絶えはしない


         八つの頭を持った時の申し子

         この世界中遍く

         今 智慧を重ね叫びだす

         端末に繋がれた人類は

         夢が機能を超えてる

         駆け巡れ


         激動とフェノミナ

         世界中遍く

         智慧が重なり叫びだす

         端末に繋がれた人類は

         夢が機能を超えてる

         明日を 永遠を



    


サイコロ   Saikoro  

      

       咲き乱れる可憐な笑顔の群集の陰に

       もっと上を睨んでこの峡谷を転がる

       サイコロ


     もう一度 振り出しに立って

       あなたを捜したいよ


       融通のきかない友達という名の

       碌でもない答えしか持たない

       さぁどうする? サイコロ


       もう一度 振出しに立って

       あなたを捜したい何をしても


     でもころがる ころがる

       どうしても

       ころがる ころがる

       終わりなく

       ころがる ころがる

       どうしても

       ころがる ころがる

       癇癪が刺さる 刺さる 刺さる

      

       サイコロ

       もう一度 振出しに立って

       あなたを捜したい何をしても


     でもころがる ころがる

   どうしても

       ころがる ころがる

       終わりなく

       ころがる ころがる

       どうしても

       ころがる ころがる

       癇癪が刺さる 刺さる 刺さる






キウイ  Kiwi

       

         変わった奴がいてひとりで歩いてた

         アスファルトの匂いがする新しい小径を

         変わった奴はいつも人のしないことをして

         変わった奴だけに目立っている ララ...


         雨の日も

         暑い日も

         雪の日も

         歩いてる


         変わった奴をいつも見てる奴もいる

         憧れているみたいよ変わってるとこ


         雨の日も

         暑い日も

         雪の日も

         歩いてる


       変わっているって素敵だ

         誰にも持てない時間だ

         もっと大事に探そうよ

         誰も見えてないことを


         駈け回ってくちばしラララ

         宝物壊さないように

         この大地は果てしのない

         ひとつとして同じではない

         

         変わっているって素敵だ

         誰にも持てない時間だ

         もっと大事に探そうよ

         誰も見えてないことを






ピエロの心臓  Pierrot Heart     

         

          境目のない種の果てで

      心にもない悪口を並べ

    夢はめくるめく千鳥模様

      あぁ、道化のハート


      夜毎の不明瞭さに

      押し寄せては返す焦り

   早く手にもっと

    欲しいよ羽根を

      地平の彼方 


     数えるあなたの

    編み目の穴が

    泣いてるほらね

      見え透いた嘘

      早く手でもっと

    引きちぎれるよ

    しがらみの束


       そこまでやってその先は

     閉ざす気なら話しは違う

     無垢を装う御辞儀草

     終らない駆け引きが

     洒落臭い

     境目のない種の果てで

     心にもない悪口を並べ

     夢はめくるめく千鳥模様

     白黒 白黒 白黒 つけたい 

   

    

     さて 'O sole mio

     間違いなくそこに

     一層輝く陽光柱

     夜が来て沈みきったそれを

     窓の下で嘆くな …… 不覚   


      断末魔

      カタカタ鳴ってる

      早く手でもっと

    引きちぎれるよ

    しがらみの束 

    

          そこまでやってその先は

    閉ざす気なら話しは違う

    無垢を装う御辞儀草

    終らない駆け引きが

    洒落臭い

          境目のない種の果てで

      心にもない悪口を並べ

    夢はめくるめく千鳥模様

    白黒   白黒 白黒






夜光虫 Noctiluca

     

      雨宿

      人の行き交う街角

      冷えた指先はそっと

      見えない探し物

      いつかの夢

      いくつもの温もり


      woo…   青い空

      流れるように飛ぶ鳥


      細く曲がった葉脈の声を聴け

      陽が沈んで 陽が昇る時までに

      あぁ つくろいきれない


      woo…  暗い海

      虫がつぶれて光る

      帰れないよ


    道は雨にぬれて

  見えるものすべて曇ったガラス

  どんな人か忘れてしまえる

  さようなら

  アンツィラナナ

  いつも紅い同じ太陽の下で

  夕焼け 夕焼け





スゴイダンス  Sugoidance

      

        ファンダメンタル

        バラバラ

        寒い冬の芽

        クイッとも出せず

        絡まった道徳の心

        閉ざした扉の闇を飛んでけ

        振り返った 

        ギラッタギラッタ

        飽食の陽炎が


       なんだかんだで

       チャラチャラ 

       孤独の合図

       スイッとも出せず

       固まった蝋燭の芯

       そろった頭の上を飛んでけ

       振り返った 

       コワイダンス・コワイダンス・コワイ


     植物園は

       とても温かいから

   そっと泣けるよ誰も笑わない

       だから おぉ・・・・・

       とにかく行こう河に沿って


       馬鹿を装え

       振り返った

       スゴイダンス・スゴイダンス・スゴイ


       植物園は

       とても温かいから

   そっと泣けるよ誰も笑わない

       だから おぉ・・・・・

       とにかく行こう河に沿って






火の玉が海を泳ぎきる

   Fireball goes the sea 


        だからなんて言えばいい

        面倒になってるここへきて

        こんなつもりじゃない

        そう、今が時なのかも

   

        今夜はもうこの部屋に居ない

        明日にはもう新しい役が付くからいいじゃない

        呑もうよ 

    火の玉のスープ


        こんなすてきな朝に

        強い陽の光はいらない

        そっと温めればいい

        出がらしの茶葉を


        これからはひとりで起きるんだ

        暗い朝に寒いかも

        目の前の海を

        火の玉が海を泳ぎきる


        そばにいて欲しいのなら

        そんな奴を探せばいい

        深い底なしの傷は

        とても癒えるもんじゃない


        さよなら影の国 

        真っ黒い部屋

        錆び付いた心にも宿る熱

        これからはひとりで起きるんだ

        暗い朝に寒いかも

        目の前の海を

        火の玉が海を泳ぎきる

        泳ぎきる

        泳ぎきる


    目の前の海を

        火の玉が海を

        目の前の海を

        火の玉が海を







案外  Angai

       

          魚眼のような広角の

          空いっぱい光ってる星よりも

          底のない泥沼に咲く現実で

          きっと削ぎ落されることなのかも

          案外に


          飛んでるスピードの絵の速さで

          胸いっぱい吸い込んだ気の重さは

          ゆっくり気道を流れ顔を見上げて

          きっとうまくいくものだと笑う

          つまりは案外

         

        ポイントのもっと奥が見えなくて 

          さらに底のない鹿の瞳孔

          邪魔する影は実のところ

          自分の命の傾向 存外


         

          飛んでるスピードの絵の速さで

          胸いっぱい吸い込んだ気の重さは

          ゆっくり気道を流れ顔を見上げて

          きっとうまくいくものだと笑う

          つまりは案外


          そのうちにチカラは抜けて

          体に温かい血が駆け巡る

          窮屈な拘束は速攻離れて

          魚眼に灯が入るから

         

          案外

          案外

          案外

          案外